ゴージャスなVIPルーム。
憧れの空間ですね!
パラダイスシティのVIPルーム
出典元:パラダイスシティ公式サイト

でも、VIPルームに入れるなんて、アラブの王様とか中国人の富豪ばかりじゃないの・・・?

いえいえ、実は、一般人でもちゃ〜んとVIPルームに入れるシステムがあるんです。

ここから、しっかりと説明していきますね。

カジノのVIPルームに入るにはいくらかかるの?

カジノのVIPルームで遊ぶには、基本的には1,000万円くらいの資金を用意する必要があります。
ほとんどのケースで、ホテルに数百万の保証金を預け、それと合わせて最低でも〜ドル以上使わなければならないというきまりがあります。

ところが、最近は、数百万円でVIPルームで遊ぶことができるホテルも出てきています。
具体的なホテル名については、この後に触れていきますね。

VIPルームに入る方法は2つ

ホテルのカジノは一般エリアとVIPエリア(ルーム)が分かれていて、VIPルームに入れるのは一部の人だけ。
で、この一部の人になるには、2つの方法があるんですね。

一つはカジノが入っているホテルのVIPシステムを使うこと。
カードなどを作って利用額などによって、一定以上のランクになる方法です。

もう一つはジャンケットのプログラムを利用することです。
ジャンケットというのは、世界中のお金持ちをカジノに送る仲介業者みたいなもの。
売り上げの大部分をジャンケットに頼っているカジノもあるくらいなんです。
(ジャンケットについての説明は、こちらに詳しく書いてあります。)

えっ?大金持ちじゃないから無理だって??

いえいえ、ジャンケットのプログラムには一般人でもちゃ〜んと申し込めるものがあるんですよ

ホテルのVIPシステムを利用する方法

ホテルによってVIPシステムは異なるので、残念ながら全部を紹介することはできません。
ここでは、シンガポールのマリーナベイサンズの例で説明したいと思います。


出典元:マリーナベイサンズ公式サイト

マリーナベイサンズのカジノは、一般エリアとVIPエリアの2つに分かれています。
さらにVIPエリアは、ルビールームとPAIZA(パイザ)ルームに分かれていて、PAIZA(パイザ)ルームは限られた人しか入れない最上級なVIPルームです。

  • 一般エリア
  • VIPエリア
    • ルビールーム
    • PAIZA(パイザ)ルーム

VIPエリアでプレイしたい場合は、まずは無料の会員カードを作ります

※マリーナベイサンズの公式サイトでも詳しく紹介しています。

会員にはランクがあって、利用ポイントによって、
プレミア→ゴールド→プラチナ→ダイヤモンド
と昇格していきます。

そして、ゴールド以上になるとルビールームに入れます

また、ランクがダイヤモンドになるとさらにランクが上のPAIZA(パイザ)ルームに入れます

でも、会員カードを作ってからダイヤモンド会員に昇格するには、なんどもマリーナベイサンズに訪れないとなりません。

そんな時間は取れない!
今回すぐにPAIZAルームに入りたいんだ!

な〜んて思っている人、安心してください。

マリーナベイサンズで口座を作り、5万シンガポールドル(460万程度)をディポジット(保証金)として預けると、PAIZAルームに入れます。

ジャンケットのプログラムに参加する

上でも説明しましたが、ジャンケットというのは、VIP客をカジノに紹介する仲介業者のようなもの。
ジャンケットは、ホテルに客を紹介するだけではなく、紹介した客のために航空券を手配したり、宿泊・食事の手続き、街の観光案内などあらゆるサポートも行ってくれます。

ジャンケットのプログラムは、一般人でも申し込み可能です。

プログラム毎に、

  • ホテルにデポジットとして〜ドル預けなければならない
  • 滞在中に〜ドルのチップを買わなければならない

ということが定められているので、ここはしっかりとチェック。

今回は例として、NINE & PICTURE’Sのプログラムの最低金額を紹介したいと思います。

地域(ホテル) デポジット
保証金
チップ購入
マカオ 5万香港ドル
(約500万円)
5万香港ドル
(約500万円)
ラスベガス 5万ドル
(約500万円)
マニラ 10万ドル
(約1000万円)
10万香港ドル
(約1000万円)
韓国
(パラダイスシティ)
1千万ウォン
(約100万円)
千万ウォン
(約100万円)

最近、韓国の仁川にできたパラダイスシティは、かなりリーズナブルにVIPルームに入れるんですね。

パラダイスシティのVIPルーム

デポジットとチップ購入合わせても200万くらい。
カジノのVIPルーム・・・手軽に体験できる方法も出てきているということですね。



カジノのVIPについて(戻る)