ジョー(左)

今日はまず叫びたい・・・
ベイスターズ、日本シリーズ進出だ!
そして、もうひとつ事件が・・・・
これは追って説明する。

朝からワクワクが止まらない、クライマックスシリーズ最終戦

勝てば19年ぶりの日本シリーズ進出。
あの権藤監督が率いたマシンガン打線が炸裂して、日本一になったあの時以来の出来事になる。

もう、朝から胸の高まりが抑えられないし、仕事にも身が入らない。
今日は、ナイターが始まるまで、ずっとドキドキしっぱなしだった。

今日も広島が先制。でも負ける気がしなかった

試合は、広島が初回、丸・バティスタのタイムリーで先制。
昨日と同じような展開だな〜と思ったが不思議と不安はない。
今のベイスターズには、きっと逆転するだろうという信頼感が持てるからだ。

で、結局その通り、宮崎のソロ、桑原のツーランで逆転してしまった。

マシンガン継投と筒香の一発

その後、4回からはなんと、先発の濱口がリリーフで登板。
ラミレス監督、ここぞという時には、良いカードをバンバン切ってくる。

相変わらず、気合の入りまくった良い表情でピッチングをする濱口。
そして、その気迫が乗り移ったかのように、5回には筒香のツーランが飛び出して、球場のカープファンを黙らせてしまった

カープに移りかけた流れを、筒香がホームランで引き戻す

このまま楽勝ムードかと思ったのだが、カープにはこの男がいた。

4番、新井。

6回にソロホームランを放って、球場の広島ファンの雰囲気を一気に変えてしまった。
これはヤバい・・・ベイスターズ勝てるのか・・・と不安がつのる。

そんな流れを再び変えたのが、やはり筒香だった
7回に2打席連続のホームランを放って、再び流れを引き戻してくれた。
本当に、頼れる四番だ。

結局9回には梶谷の2ランで広島を引き離し、ベイスターズはクライマックスシリーズを制し、日本シリーズへと進出した。

あ・・・賭けるの忘れてた・・・

ベイスターズがクライマックスシリーズを制して、もうテンションは上がりっ放し。
今朝からの緊張感も一気なくなり、全身の力が抜けたその時だった・・・・。

あ、賭けるの忘れてた・・・

なんと、試合の行方ばかりが気になってしまい、ウィリアムヒルの画面を開くのすら忘れていた。
今日は賭けなきゃいけなかったのに・・・
大事な試合だったのに・・・
倍率がどうなっていたのかすらわからない・・・・

なんて勿体ないことしたんだろうというか、記念に管理画面のキャプチャとっておきたかったというか、もう言葉にならないほど悔しい思いだった。

日本シリーズは、必ず毎試合、ベッティングするようにしたいと思う。



プロ野球のベッティングができる「ウィリアムヒル」については、次の記事で詳しく説明しています。
よかったら、参考にして下さい。