ジョー(左)

こんにちは、ジョーです。
大谷翔平がアナハイムエンゼルスへ移籍することが決定し、背番号も17と決定。
来シーズンの活躍がとても楽しみで、スポーツベッティングもワクワク感がヒートアップする。
エンゼルスが大谷の加入で優勝候補の一角に食い込みそうなので、今日はその辺りについて触れてみたい。

エンゼルスの最近の成績とチーム事情

エンゼルスの近年は、過渡期で苦しんでいる感が・・・

まず、エンゼルスの最近の成績だが、チーム名が「ロサンゼルス エンゼルス オブ アナハイム」に変わった2005年からの成績は以下の通り。
(ちなみに、2016年からは短縮系の「ロサンゼルス エンゼルス」で呼ばれるようになっている)

順位 勝率
2005 1 95 67 0.586
2006 2 89 73 0.549
2007 1 94 68 0.580
2008 1 100 62 0.617
2009 1 97 65 0.599
2010 3 80 82 0.494
2011 2 86 76 0.531
2012 3 89 73 0.549
2013 3 78 84 0.481
2014 1 98 64 0.605
2015 3 85 77 0.525
2016 4 74 88 0.457
2017 2 80 82 0.494

2005年からしばらく強い時期が続いたものの、ここ2年間は勝率が5割りを切って低迷。
世代交代の過渡期のため、成績が残せていない様子だ。
だからこそ、大谷に触手が伸びたのだろう。

ただ、、、チーム事情的に、大谷には高い壁も立ちはだかっていて・・・これは後で説明する。

投手陣の強力な柱が欲しい

2017年のチームの先発陣を勝ち数順で並べてみると・・・

選手名 試合 防御率
J.C.ラミレス 27 11 10 4.15
パーカー・
ブライドウェル
21 10 3 3.64
ジェシー・
チャベス
38 7 11 5.35
リッキー・
ノラスコ
33 6 15 4.92
マット・
シューメーカー
14 6 3 4.52

こんな感じで、2桁以上の勝利をあげた投手が2人だけ、防御率3点台も一人だけとなっていて、投手陣の強化が必須な状況だ

ここに大谷が加わって何勝できるのか?がエンゼルスの成績に決定的な影響を与えるのは言うまでもない。

打者のラインナップも、今ひとつインパクトに欠ける

今度は打者を見てみよう。

エンゼルスの打撃陣で3割を打っているのは、センターのマイク・トラウトただ一人。
本塁打が30本を超えているのは。このマイク・トラウトとレフトのジャスティン・アップトンの2人。
打点が100打点を超えているのは、同じくジャスティン・アップトンとDHのアルバート・プホルシの2人。

あまり強力な打撃陣とは言えないと思う。

ただし、大谷がこの中に食い込めるのか?については別。
DHのプホルスは、近年は体力の衰えとともに成績が落ちているとは言え実績が十分。
(スポーツサイトESPNが、「史上最高のメジャーリーガーTOP125」を選んだ時の19位にランクイン。)
その上に年俸が2700万ドル(約30億6450万円)、プホルスを完全に退けて大谷がDHに入れるかは微妙だ。

また、大谷が守れる外野には、上にあげたマイク・トラウトとジャスティン・アップトンのほか、ライトのコール・カルフーンの年俸も850万ドル(約9億6475万円)と、レビュラーを外しづらい高額プレイヤーなのだ。

ウィリアムヒルのオッズは?

では、ウィリアムヒルでのエンゼルスのオッズはどうなっているだろう?
オッズが低い順、つまり優勝確率が高いと思われている順に並べると、なんと全40チーム中11位だった。

これは、そこそこ可能性があるということだろうか?

しかも、オッズは23倍
1万円ベットしたら23万円になって戻ってくる倍率だ。

ちなみに、この倍率の上位を見ると、やはり、ドジャース、ヤンキース、アストロズ、インディアンスというのは、順当に人気が高い。

マエケン、ダルビッシュのドジャース、マー君のヤンキースに、大谷のエンゼルス・・・日本人プレイヤーを応援しながら、MLBにベッティングして楽しむのも良さそうだ。

以下、参考までに、2017年12月10日現在の倍率を掲載するので、よかったら参考にして欲しい。

チーム名 倍率
ロサンゼルス・ドジャース 7
ニューヨーク・ヤンキース 7.5
ヒューストン・アストロズ 7.5
クリーブランド・インディアンス 8
シカゴ・カブス 11
ワシントン・ナショナルズ 11
ボストン・レッドソックス 15
セントルイス・カージナルス 21
アリゾナ・ダイヤモンドバックス 23
ニューヨーク・メッツ 23
ロサンゼルス・エンゼルス 23
トロント・ブルージェイズ 29
サンフランシスコ・ジャイアンツ 34
ミルウォーキー・ブルワーズ 34
コロラド・ロッキーズ 41
シアトル・マリナーズ 41
タンパベイ・レイズ 41
テキサス・レンジャーズ 41
ボルチモア・オリオールズ 67
アトランタ・ブレーブス 81
ピッツバーグ・パイレーツ 81
ミネソタ・ツインズ 81
カンザスシティ・ロイヤルズ 101
シカゴ・ホワイトソックス 101
フィラデルフィア・フィリーズ 101
マイアミ・マーリンズ 101
オークランド・アスレチックス 151
シンシナティ・レッズ 151
デトロイト・タイガース 151
サンディエゴ・パドレス 201