ジョー(左)

こんにちは。ジョーです。
ダルビッシュについての話題が、MLBのFA市場を賑わせている。
日本人が、MLBのストーブリーグでこれだけ騒がれるのはやはり嬉しいところだが・・・気になるのはその移籍先。
ダルビッシュの移籍は、大谷以上にワールドシリーズの行方にも大きな影響を与えるので、要チェックなのだ。

ダルビッシュ獲得に動き出しているチームは?

ダルビッシュはワールドシリーズ終了直後に、来シーズンもドジャースでやり返したいという意思表明をしていた。
ただ、ドジャースとの間では契約条件に溝があると言われていて、他球団が獲得に乗り出しているというわけだ。

その後もダルビッシュは、「ワールドシリーズを狙えるチーム」というのを移籍先の条件としてあげていて、そういった意味では、強豪チームに移籍は絞られる様相を呈している。

これまでのところ、ダルビッシュ獲得に乗り出しているチームは、カブス、ツインズ、アストロズを筆頭に、カージナルスや古巣のレンジャースなど。

中でも、カブス、ツインズ、アストロズの3チームは、かなり熱烈なラブコールを送っているようだ。

カブス、ツインズ、アストロズの成績を比べてみると・・・

そこで、これら3球団の近年の成績を、改めて振り返ってみたい。

カブス

順位 勝率
2013 5 66 96 0.407
2014 5 73 89 0.451
2015 3 97 65 0.599
2016 1 103 58 0.640
2017 1 92 70 0.568

※2016年 ワールドシリーズ優勝
※2017年 ナショナルリーグ優勝決定戦で敗退

ツインズ

順位 勝率
2013 4 66 96 0.407
2014 5 70 92 0.432
2015 2 83 79 0.512
2016 5 59 103 0.364
2017 2 85 77 0.525

※2017年 ワイルドカードシリーズ敗退

アストロズ

順位 勝率
2013 5 51 111 0.315
2014 4 70 92 0.460
2015 2 86 76 0.531
2016 3 84 78 0.519
2017 1 101 61 0.623

※2017年 ワールドシリーズ優勝

こうして見てくると、ツインズは、ダルビッシュの言っていた条件に対しては、一歩後退しているようだ。
カブスは3年連続でプレーオフに進出している上に、球団の資金も潤沢にあると言われていて、現在のところ最有力候補
アストロズは、ダルビッシュの言っていた「やり返したい」相手の筈なんだが・・・どうなんだろう。

ウィリアムヒルのオッズは?

さて、MLBの優勝予想に関して、ブックメーカーはどうなんだろう?
先週、大谷の記事でも触れたところになるが、現在のところ、優勝予想のオッズは以下のようになっている。

チーム名 倍率
ロサンゼルス・ドジャース 7
ニューヨーク・ヤンキース 7.5
ヒューストン・アストロズ 7.5
クリーブランド・インディアンス 8
シカゴ・カブス 11
ワシントン・ナショナルズ 11
ボストン・レッドソックス 15
セントルイス・カージナルス 21
アリゾナ・ダイヤモンドバックス 23
ニューヨーク・メッツ 23
ロサンゼルス・エンゼルス 23
トロント・ブルージェイズ 29
サンフランシスコ・ジャイアンツ 34
ミルウォーキー・ブルワーズ 34
コロラド・ロッキーズ 41
シアトル・マリナーズ 41
タンパベイ・レイズ 41
テキサス・レンジャーズ 41
ボルチモア・オリオールズ 67
アトランタ・ブレーブス 81
ピッツバーグ・パイレーツ 81
ミネソタ・ツインズ 81
カンザスシティ・ロイヤルズ 101
シカゴ・ホワイトソックス 101
フィラデルフィア・フィリーズ 101
マイアミ・マーリンズ 101
オークランド・アスレチックス 151
シンシナティ・レッズ 151
デトロイト・タイガース 151
サンディエゴ・パドレス 201

現在、アストロズは7.5倍、カブスは11倍、ツインズは85倍となっているが、ダルビッシュが移籍したチームは、大きく倍率を下げるのではないだろうか
大谷の移籍で、エンゼルスのオッズは大きく変化したようだが、ダルビッシュはそれ以上に実績のある投手。
動向次第では、ブックメーカーのオッズに大きく影響を与えるのは必至だ。