今回紹介する大眼仔(ダイガンチャイ)は、以前紹介した小路とよく似た罫線です。
違いは、小路が2列前の出目の落ち方を比較すのに対し、大眼仔では1列手前となっています。

罫線の記録のつけ方・読み方は小路と同じため、小路が理解できていれば難しいことはありません。

小路の見方がまだという人は、こちらの記事を先に読んでみて下さい!

大眼仔の見方について

見方のポイントは、大眼仔では最新の出目と1列手前の出目の落ち方を比較する、ということ。
それ以外は小路とまったく同じルールです。

  1. 大路で、最新の出目(勝敗)と1列前の出目の落ち方を比較
  2. 落ち方が同じなら「正」を、異なれば「誤」を記録
  3. 出目が比較できない場合、勝ちなら「」、負けなら「」を記録

 ※引き分け(タイ)は無視する
 ※小路ではは正、は誤を表す

出目の落ち方の比較方法は小路と同じです。
では、具体的にどう記録していくのかを例を基に見ていきましょう。

大眼仔の記録方法

大眼仔 罫線 バカラ

1列前との比較となるため、記録を開始するのは4ゲーム目からということになります。
ポイントは、最新(4ゲーム目)の出目の動きが、1列前と同じか異なるか、という点。

4ゲーム目

では、4ゲーム目の動きを見てみましょう。
今プレイヤーの連続勝利となったため、1列前の動き方と比べてみると…
同じ落ち方をしているのがわかります。

そこで、大眼仔には「正」としてを記録します。

大眼仔 罫線 バカラ

小路と同じく、大眼仔でもはそれぞれ正・誤を表します。
紛らわしいですが、バンカー・プレイヤーの意味ではないので注意しましょう!

5ゲーム目

5ゲーム目はバンカーの勝利となりました。
そこで、④と1列前の②の動き方を見てみると、どちらも目が変わっていますね。
動き方が同じため、ここも「正」を記録します。

大眼仔 罫線 バカラ

どうでしょうか?記録のつけ方が小路と同じため、わかりやすいですね。

6~8ゲーム目

では、ここからは一気に見ていきたいと思います。

まず、6ゲーム目。
ここはバンカープレイヤーの勝利と目が変わっていますが、1列前の動きはプレイヤープレイヤー勝利となっています。

そのため、落ち方が異なっているので、ここは「誤」を記録。
しかし、その後はと交互に勝利が出ているので、動き方は同じです。
なので、7・8ゲーム目には「正」をつけます。

大眼仔 罫線 バカラ

9~11ゲーム目

9ゲーム目はプレイヤーの連続勝利となっため、⑧→⑨と下に落ちていますが、1列前はバンカープレイヤーという動き。
そのため、記録は「誤」ですね。

さて、問題は9ゲーム目以降です。
ここは連続プレイヤー勝利となっていますが、困ったことに1列前に比較対象がありません

そんな時は、大眼仔のルール3!

出目が比較できない場合、勝ちなら「」、負けなら「」を記録

大眼仔 罫線 バカラ

今回、とプレイヤーの勝利が続いていますから、2つとも「正」となります。

12ゲーム目

ここまでプレイヤーの連続勝利が続いていましたが、12ゲーム目でバンカー勝利となりました。
は1列前に比較対象がないですから、先ほどと同じくルール3に基づいて記録します。

今回バンカー勝利、つまりプレイヤーの負けとなったので、12ゲーム目は「誤」の動きとなります。

大眼仔での出目予想

さて、12ゲーム目までの動きを見てきました。
そこで次の13ゲーム目の賭けを予想してみると…

大路ではまったく規則性を見出せませんね。
しかし、大眼仔を見てみると、綺麗にの流れができていることがわかります。

なので、13ゲーム目は「正」の動きになる可能性が高いので、再びバンカーに賭けた方が勝率が高い、となるわけです。

実際のゲームでの使い方

これは、エンパイアでのゲーム履歴です。
大路を見ただけでは流れが掴めませんが、小路と大眼仔をチェックしてみると流れが見えてきますね。

さて、次のゲームでどこに賭けようかという時に、まずは小路を見てみましょう。
パターン的に次も「誤」となりそうだけど、その前にも似たような形状で途中で切れている箇所があるので、いまひとつ不安です。

そこで、大眼仔もチェック。
するとの流れがしばらく続いていますね。
これなら流れ的に次も「誤」となる可能性が高そうと判断し、バンカーに賭けることになります。

このように、複数の罫線が読めるようになると、総合的に流れを判断できるようになる訳です。
もしくは、メインとする罫線を一つ決めて、その他は補助的なものとする使い方もできますね。

罫線をいろいろと見比べて、状況を読みながら賭けると、より一層プレイが楽しくなりますよ!


バカラのルールや必勝法などについては、次の記事で詳しく説明しています。
よかったら、参考にして下さい。