テキサスホールデムは、ホーカーの変形。
本物のカジノでは、複数人でプレーするようですが、オンラインカジノでは、ディーラーと1対1のゲームが楽しみます。
オンカジでは、ルールが複数人用のテキサスホールデムからは変わってしまっている上に、テーブルによって(というかゲームによって)もルールが違います。

そこで、この記事では、オンカジでよく見る3つのルールについて解説したいと思います。

共通のルール

テキサスホールデムの基本はポーカーです。

ただし、違うところは、ディーラーと自分にはカードが2枚しか配られないというところ。

えっ?ポーカーって5枚でやるんじゃなかったっけ?
と思いますよね。

テキサスホールデムでは、ディーラーと自分との間に、さらに5枚のカードが配られます。
この5枚のカードの使い方が面白くて・・・

その5枚のカードと自分のカード2枚を合わせた計7枚から、好きな5枚のカードを選び出して、より強い役を作れるのはどちらか?で勝負します。

例えば下のケース、ディーラーは自分の手札と場に出ている5枚の中から、黄色い枠で囲ってあるカードを選ぶと、フルハウスになります。

一方で、プレイヤーは黄色い枠で囲ってあるカードを選ぶと2ペアになります。(もう一枚は、どれを選んでも手役には影響しません。)

そうなると、ディーラーのフルハウスの方が役が高いので、ディーラーの勝ち・・・という具合です。

ゲームによって変わるのは、ベット、フォールドのタイミング

パターンA

“ANTE”と”ANTE PLUS”にベット

何も配られていない状態で、”ANTE”と”ANTE PLUS”にコインをベットします。

この時、片方だけにベットすることはできなくて、必ず両方にベットするのがルール。

えっ?何で2つにベットするの?
って不思議ですよね。

実は、”ANTE”と”ANTE PLUS”にベットしたコインは、勝った時の配当倍率に違いがあります。
勝った時に、”ANTE”にベットした分は配当倍率が2倍(1 to 1)で、”ANTE PLUS”にベットした分は、手役によって倍率が変わってくるのです。

カードが2枚ずつ配られて、ベット額を増やすかどうか決める

次に、ディーラーとプレイヤーにカードが2枚ずつ配られます。

そして、プレイヤーは、賭け金を増やすか?を決めます。

選択肢は、最初のベット額の3倍か4倍。
増やした分は、”call”と書かれた部分に増やされます。

増やさない場合は、「チェック」を選びます。

真ん中にカードが3枚配られる

次に、ディーラーとプレイヤーの真ん中に、カードが3枚配られます。

ここで再びベット額を増やすか?を決めます。
ここでの選択肢は、最初のベット額の2倍だけ。
先ほどと同じく、増やした分は”call”と書かれたところに積み上げられます。

増やさない場合は「チェック」を選びます。

さらにカードが2枚配られる

最後に、ディーラーとプレイヤーの間に、あと2枚のカードが配られます。

ここで、プレイヤーは最後の選択肢・・・
ベット額を最初のベット額と同額分だけ増やす
フォールド(降りる)
のどちらかを選ばないとなりません。

降りた時には、callに積まれた部分だけ返金されます。

パターンB

ANTEにベット

まずは、”ANTE”にベットしてゲームが始まります。
この時には、まだカードは配られていません。

カードが配られて、降りるかどうか決める

次に、ディーラーとプレイヤーに2枚ずつカードが配られます。
さらに、ディーラーとプレイヤーの間に3枚のカードが配られます。

この状態で、プレイヤーには2つの選択肢が与えられます。

  • コールして、さらにベット額を増やす(最初のベット額と同額)
  • フォールド(降りる)

残り2枚が配られて勝負

最後に、ディーラーとプレイヤーの間に残り2枚のカードが配られて勝負です。