今回の検証結果は・・・
必勝法  グランマーチンゲール法
ゲーム  ルーレット
時間   約30分
儲け   プラス39ドル

そもそも、グランマーチンゲール法って何?
って人はこちらをで説明しているので、読んでみてください。

ジョー(左)

マーチンゲール法は確実だけど儲けが小さいのがネック。
それに対してグランマーチンゲール法は賭け金が高くなるリスクはあるけど、短時間で稼ぎやすいメソッド。
実際にやってみると、かなりの緊張感あって大変だったけど、効果は抜群だった。

グランマーチンゲール法って何?

マーチンゲール法は堅実だけど利幅が小さいイメージ

まず、グランマーチンゲール法の前にマーチンゲール法のおさらいから。
マーチンゲール法は、ゲームで負けたら、以下の要領で、次のゲームで2倍の賭け金をベットする方法。

$1 → $2 → $4 → $8 → $16 → ・・・・

で、勝つと最初の$1に戻ってやり直す。

結果として、1回勝つと$1の利益が出る仕組みになっている。

勝率1/2のゲームにおいては鉄板のギャンブル必勝法だが、儲けがあまり膨らまないデメリットがある。

グランマーチンゲール法は、ドキドキするけど、利幅が大きくなる

これに対してグランマーチンゲール法は、
負けたら、その時の賭け金の2倍+1ドルを賭けるという方法。

例えば、最初に1ドルから賭け始めると、

$1 → $3 → $7 → $15 → $31 → ・・・・

と賭け金を増やしていく。

マーチンゲール法と比べると、かなりドキドキする賭け金だ。

その代わり、勝ったタイミングで出る利益幅が大きくなり、結果として、
$1 × プレイしたゲームの回数分
が利益になってくれる。

$1 × 勝った回数分
の利益しか出ないマーチンゲール法と比べると、明らかに儲かる方法なのだ。

約30分で39ドル儲かったお話

さて、今回グランマーチンゲール法を試したのはルーレット。

ルーレットには、偶数か?奇数か?を賭けるところがあって、ひたすら偶数に賭けるということをしてみた。

実際にグランマーチンゲール法にトライした結果がこれ。

ゲーム中はものすごく集中しないとダメで(この理由は後で説明します!)、中々に大変だったが・・・
約30分で39ドルの利益!

結果としては中々に熱かった。
表にしてみたので、見てほしい。

実際の勝敗の流れは?

×印のところは負けたところ、◯が勝ったところ。
例えば・・・
1セット、2セットは、最初のゲームで勝ったので、すぐに次のセットに移っている。
3セットでは、1ゲーム目(1ドルベット)で負けたので、2ゲーム目で3ドルベットして勝利。
4セットでは、1ゲーム目(1ドルベット)、2ゲーム目(3ドルベット)と連敗し、3ゲーム目で7ドルベットして勝利。
・・・というような見方をする。

1 2 3 4 5
BET
($)
1 3 7 15 31
1set
2set
3set ×
4set × ×
5set
6set ×
7set
8set
9set
10set × ×
11set × × × ×
12set × ×
13set
14set
15set ×
16set ×
17set × × × ×
18set
19set
20set ×

ベット額の上昇が、メンタル的に厳しい

各セットとも、3ゲーム目くらいまでは賭け金が1桁なので良いのだが、4ゲーム目は15ドル、5ゲーム目は31ドルと賭け金がかなり大きくなる。
11セットと17セットは厳しかったな〜。

31ドルをベットする時には、
これ、本当にいいのかな・・・
と思ってベットしてた。

まあ、何ドルになろうとも、顔色一つ変えず規則通りにベットし続ければ良いのだが、さすがに6ゲーム目になると賭け金が63ドルになってしまう。
今回は、5ゲーム目で勝てなければそこでストップ・・・と決めていた。

グランマーチンゲール法なら、ゲーム数の分だけ利益が出る

まあ、これだけ痺れるゲームを展開したのだが、とにかく、方針通りにやっていけば短時間で利益が出ることはわかった。

全部で20セットで、ゲーム数は39。
で、この場合、各セットの最初の賭け金×39が利益になる仕組みになっている。

今回は最初の賭け金を1ドルにしているので、
$1 × 39ゲーム = $39の利益
となる。

かかった時間は約30分。

30分で39ドルなら、かなり良いペースだと思う。

展開が早いゲームで威力を発揮する?

普通のルーレットとスピードルーレット

さて、今回は、ルーレットのアウトサイドベットで試してみた。
やってみて思ったのが、いくら稼ぐか?を基準に考えるなら、グランマーチンゲール法は展開が早いゲームがベストってこと。

1ゲームにつき1ドル利益が出るなら、1ゲームにかかる時間が短い方が稼ぎやすい。
例えば、カジ旅のルーレットには、普通のルーレットとスピードルーレットの2種類がある。

普通のルーレットは1ゲームにかかる時間が約45秒。
スピードルーレットは1ゲームにかかる時間が約25秒。

仮に、30分で稼ごうと考えたら、
普通のルーレット: 30分(1800秒)÷45秒 = 40ゲーム
スピードルーレット: 30分(1800秒)÷25秒 = 72ゲーム
となる。

つまり、普通のルーレットなら30分で40ドル稼げる一方で、スピードルーレットなら30分で72ドル稼げてしまうのだ。

スピード感があると、緊張感も半端ない

ただ、実際にやってみると、スピードルーレットでグランマーチンゲール法をやるのは神経がすり減る。

普通のルーレットはベッティングのために与えられる時間が17秒程度あるのだが、スピードルーレットはベッティングに与えられる時間が10〜12秒程度

次に何を賭けるか?をあらかじめ書き出して迷わないようにしても、10〜12秒の中で、常に正確な操作をするというのは、結構緊張する
高額のベッティングをするとなると、操作ミスが命取りになってしまうので、神経がすり減るのだ。

これをひたすら、機械的に30分繰り返すとなると、結構な緊張感だ。

今回は、途中で少しスピードルーレットをする時間帯も儲けたのだが、もう5分くらいで疲れてしまった

この辺り、自分にあった方を選ぶのが良いだろう。



グランマーチンゲール法については、次の記事で詳しく説明しています。
よかったら、参考にして下さい。