グランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法は、マーチンゲール法よりも利益を狙った賭け方になります。
当たった時のリターンは大きいですが、その分リスクも増えるので、使う際には注意が必要!

向いているゲームは、バカラ・ルーレットなど勝率が約1/2のもの。

グランマーチンゲール法の使い方

賭け方は簡単で、負けた場合に賭け金を倍額+$1にするというもの。
例えば、はじめに$1を賭けて負けた場合、次には倍額の$2+$1の合計$3を賭けます。

マーチンゲール法では、毎回の利益は最初のベット額分でしたが、この方法ならゲームの回数分だけ利益を得ることができるのです!

わかりやすくまとめると下の表のようになります。

回数 賭け金 合計損失 利益
1回目 1 1 1
2回目 3 4 2
3回目 7 11 3
4回目 15 26 4
5回目 31 57 5
6回目 63 120 6
7回目 127 247 7
8回目 255 502 8
9回目 511 1,013 9
10回目 1,023 2,036 10

賭け金を+$1にした場合、利益はゲームの回数と同じですね。
より多く利益を出したい場合は、最初のベット額を大きくする賭け金を倍額+αにするといったことができます。

グランマーチゲール法の欠点

この必勝法の欠点は、マーチンゲール法と同じくベットリミットと手持ち資金による制限があるというところ。

しかも、賭け金がより大きい分、早くベット額の上限に達してしまったり、資金が尽きてしまう
という可能性があります。

そのため、この必勝法はマーチンゲール法と比べて
より短期での勝負に向いている
と言えるでしょう。

グランマーチンゲール法 チェックシート

グランマーチンゲール法のためのチェックシートを用意しました。
(1ドルから始めた場合のチェクシートです。)
PCでオンラインカジノのサイトを開き、スマホでこちらのチェックシートを開いてプレイするのがおすすめです。

最上段はベット金額、左端の1st、2nd、3rdはセット数です。

1st-1から始め、1ドルを賭けてマスにチェック。

勝った場合は、次の段に進んで、もう一度1ドルからベットです。
負けた場合は、1st-3に進みマスをチェック、3ドルをベットです。

もしも1st-3で、勝ったら次の段に進んで2nd-1にチェック、1ドルを賭けます。
負けた場合は、次のマス1st-3に進んで7ドルをベットしてください。

以降、同じように続けていきますが、大切なのは、いくらまでベットするか?をあらかじめ決めておくこと
もし、「今日は31ドルまでのベットでやめよう」と決めたら、1st-31で負けた場合は、速やかに損切りをしてゲームを終えてください。
ギャンブルは熱くなりすぎないように注意してくださいね。

グランマーチンゲール法チェックシートはこちら!
1ドルから始める場合

137153163
1st
2nd
3rd
4th
5th
6th
7th
8th
9th
10th
2ドルから始める場合
26143062126
1st
2nd
3rd
4th
5th
6th
7th
8th
9th
10th
5ドルから始める場合
5153575155315
1st
2nd
3rd
4th
5th
6th
7th
8th
9th
10th
10ドルから始める場合
103070150310630
1st
2nd
3rd
4th
5th
6th
7th
8th
9th
10th

グランマーチンゲール法の効果を実践・検証

グランマーチンゲール法を使ってプレイしてみた結果をブログで報告しています。
実際のゲームの流れの中で使ってみると、どうなるのか?本当に使える必勝法なのか?などなど…
使ってみて分かったこと・感じたことを書いているので、リアルな結果を知りたい人はブログをぜひチェックしてみてください!