31システムは2連勝法とも呼ばれます。
その名の通りこの必勝法では、2連勝すれば利益を出すことができます!

使い方がシンプルな上、最大損失が$31と決まっているので、資金管理をしやすいという点で初心者にも使いやすい必勝法と言えるでしょう。

31システムの使い方

ルールについて

まずは31システムのルールからみていきます。

  1. 資金を$31用意
  2. 31ドル使うので31システムなんですね

  3. この資金を4分割して、それぞれを一つのユニットとする
  4. 「1 1 1 / 2 2 / 4 4 / 8 8」=合計$31
    「1 1 1」が一つのユニットとなる

  5. 4ユニット=$31分を1セットとしてプレイします
  6. そのため、損失は最大で$31にしかならないという訳です
    1サイクルあたりのゲーム数は9回ですね

では、次に実際どのように賭けていくのかをみていきましょう。
31システムの賭け方

  • 2連勝した時点で1セットを終了とする
  • 勝ちがなく9回プレイした時も1セット終了
  • 負けたら賭け金は右へ移動していく
  • 「1→1→1→2→2→4→4→8→8」という流れになります

  • 勝ったら次のユニットへ移ってベットする

この4つです。

実際のゲームでの使い方

実際のゲームで使った場合、どのようになるのかをシュミレーションしてみました。
今回は6・7回目で2連勝したので、残り2回を残してプレイ終了となった場合の賭け方をみていきます。

回数 賭け金 勝敗 合計損益
1回目 1 × -1
2回目 1 × -2
3回目 1 × -3
4回目 2 -1
5回目 4 × -5
6回目 4 -1
7回目 8 +7
8回目
9回目

まず、最初の賭けでは負けてしまったので、ルール通り右へズレて次も$1をベット。
3連敗してユニット1が終了したので、4回目はユニット2へ移り、賭け金は$2となります。

ここで勝ったら、次の$2を残してユニット3へ移るので、賭け金は$4ですね。

5回目は負けなので、横へズレて6回目も賭け金は$4。
これでユニット3は終了なので、7回目はユニット4となり、$8をベットします。

ここで勝って2連勝となったので、ゲームは終了
トータルでプラス$7の利益となりました。

31システムの応用

31システムにはもう一つ別の使い方があります。
それは、「1→1→1→2→2→4→4→8→8」と順番に賭けていくやり方!

本来31システムでは、勝った場合には次のユニットへ移るルールでした。
しかし、ゲームをやりながら使うにはちょっとややここしいという人には、こちらの方法がオススメです。

使い方は本来の31システムと同じで、
2連勝するか、9回ベットしたらプレイ終了
となります。

さて、利益をより多く得たい場合には、ベットサイズを上げるのもあり!
基本は$1からベットスタートとなりますが、例えばこれを$5と5倍にすれば…
賭け金は、「5 5 5 / 10 10 / 20 20 / 40 40」の合計で$155

資金に余裕がある時は、このようにベットサイズを上げて利益を狙いに行くのもいいですね。
ただし、この場合、最大損失額も$155と跳ね上がるのでリスクも大きくなることに注意!

31システムのまとめ

では、ここで31システムのメリット・デメリットをまとめてみましょう。

【メリット】

  • 最大でも$31の損失なので、資金管理がしやすい
  • 2連勝さえすれば利益を出すことができる

【デメリット】

  • 負けた場合、損失分を取り戻す方法がない

この必勝法の欠点はこれ!
例えばマーチンゲール法なら、どんなに連敗しても1度の勝利で損失を取り戻すことができました。
しかし、31システムでは2連勝しなければ収支をプラスにすることができません

この必勝を使うのは、バカラやシックボー(大小)・ルーレット(赤黒)・ブラックジャックなど勝率50%のゲームになります。

そのため9連敗もするのは、そう何度も起こらないと思いますが、31システムにはこのようなリスクがあることを覚えておいてください!

31システムの効果を実践・検証

31システムを使ってプレイしてみた結果をブログで報告しています。
実際のゲームの流れの中で使ってみると、どうなるのか?本当に使える必勝法なのか?などなど…
使ってみて分かったこと・感じたことを書いているので、リアルな結果を知りたい人はブログをぜひチェックしてみてください!