ウィナーズ投資法

ウィナーズ投資法はリスクの少ない非常に優れた必勝法です。

モンテカルロ法と同じく、この必勝法も使い方がちょっと面倒…
ただ、システムはよく似ていますが、モンテカルロ法ほど複雑ではないので、慣れればメモなしでも大丈夫!

他の必勝法とも組み合わせて使えるため、上手く使いこなせれば非常に強力な必勝法となりそうです。

ウィナーズ投資法の使い方

ウィナーズ投資法は面白いことに、2連敗したところからスタートとなります。

この必勝法が向いているゲームは、勝率50%のものです。
バカラ・ルーレット(赤黒)・シックボー(大小)・ブラックジャックなどですね。

ルールについて

まず、連敗するまでは同じ金額をベットし続けます
ここでは$1に設定。

そして2連敗したら…

  • 紙に2回分の賭け金をメモする
  • $1を賭けているので「1 1」となります

  • 左端の数字の2倍を賭け金とする
  • 1×2=$2が三回目のベット額

  • 【負けた場合】 数列の右端にベット額を書き足す
  • $2賭けたので、数列は「1 1 2」となります

  • 【勝った場合】 数列の左端から数字を一つ消す
  • 1 1 2」

このようにゲームを進めていきます。

数列の数字が全てなくなれば、その時点で一つのセッションが終了
また新たに同じやり方でベット再開となります。

実際の使い方をシュミレーション

では、実際にゲームで使った時にどうなるか見てみましょう。
8回プレイをして、4勝4敗で終えたパターンです。
勝ち越していないにもかかわらず、収支はプラスとなりました!

ゲーム数 数列 賭け金 勝敗 累計損益
1回目 1 × -1
2回目 1 × -2
3回目 1 1 2 × -4
4回目 1 1 2 2 -2
5回目 1 1 2 2 0
6回目 1 2 4 × -2
7回目 2 4 4 2
8回目 2 4 8 6

2連敗した3回目からウィナーズ投資法スタートとなります!
まず、3回目は数列が「1 1」なので、賭け金は1×2=$2となります。

負けたので、$2を加えて4回目の数列は「1 1 2」。
ここで勝ったので、5回目の数列は数字を一つ消して「1 2」ですね。

5回目も勝ったので、6回目の数列は「2」だけとなり、賭け金は2×2=$4です。
そして8回目、数列は「4」だけとなり、勝利したので数字が全て消えました!
なので、これで1セッション終了

トータルでプラス$6の利益となりました。

ウィナーズ投資法の弱点とは?

勝敗が五分五分でも利益を出せるウィナーズ投資法は、非常に有効な必勝法です。
しかし、そんなウィナーズ投資法にも弱点があります。

それは、

  • 勝ち負けが交互に続いた場合
  • 連勝した場合

この二つの場合には、ウィナース投資法はあまり効果を発揮しません。
それは、2連敗して初めてこの必勝法を使うことからもわかるように、ウィナーズ投資法は連敗した時に有効な必勝法だからです。

では、実際にシュミレーションしてみていきましょう!

勝ち負けが交互に続いた場合

2連敗した後に勝ち負けが交互に続く場合のシュミレーションです。
勝敗はいずれも5勝5敗。

勝ちスタート 負けスタート
回数 数列 賭け金 勝敗 損益 数列 賭け金 勝敗 損益
1回目 1 × -1 1 × -1
2回目 1 × -2 1 × -2
3回目 1 1 2 0 1 1 2 × -4
4回目 1 2 × -2 1 1 2 2 -2
5回目 1 2 2 0 1 2 2 × -4
6回目 2 4 × -4 1 2 2 2 -2
7回目 2 4 4 0 2 2 4 × -6
8回目 4 8 × -8 2 2 4 4 -2
9回目 4 8 8 0 2 4 4 2
10回目 8 16 16 4 8 10

勝ちからスタートした場合、勝てば収支は±0ですが、負けスタートだと常にマイナスとなってしまいます。
やはり、連勝しなければ利益は上げられないですね。

また、勝ち負けが続くとベットサイズがじわじわと大きくなってしまいます。
他の必勝法ほど増えかたは大きくないですが、それでも負ければ賭け金=損失となってしまうので、あまりダラダラとはゲームを続けられません。

このような場合には、どこかで見切りをつけることが必要です!

次に連勝した場合を2パターンに分けてみてみましょう。

パターン① 連勝してから連敗

ウィナーズ投資法を使い始めてから5連勝したパターンです。
連勝はしているものの、ベット額が$1と小さいため、なかなか利益がふくらみません

そのため、最終的な収支はたったのプラス$1となってしまいました。

回数 数列 賭け金 勝敗 合計損益
1回目 1 × -1
2回目 1 × -2
3回目 1 1 2 0
4回目 1 2 2
5回目 1 3
6回目 1 4
7回目 1 5
8回目 1 × 4
9回目 1 × 3
10回目 1 1 2 × 1

パターン② 連敗してから連勝

先ほどと同じ5勝5敗ですが、最終利益はプラス8となりました。
やはりウィナーズ投資法は、連敗してから効果を発揮する必勝であることがわかりますね。

回数 数列 賭け金 勝敗 合計損益
1回目 1 × -1
2回目 1 × -2
3回目 1 1 2 × -4
4回目 1 1 2 2 × -6
5回目 1 1 2 2 2 × -8
6回目 1 1 2 2 2 2 -6
7回目 1 2 2 2 2 -4
8回目 2 2 2 4 0
9回目 2 2 4 4
10回目 2 4 8

まとめ

メリット・デメリット

ウィナーズ投資法のメリット・デメリットについてまとめてみます。
【メリット】

  • 勝率が5分5分でも利益を出すことができる
  • 連敗しても賭け金が大きくなることがない

【デメリット】

  • 勝ち負けが交互に続くと賭け金が増えていく
  • 連勝しても利益が増えにくい

やはり、勝ち越さなくても利益を出せるというのが一番のメリットですね!

一方で、連勝時に利益が増えないというのは必勝法としてはイマイチ。

そこで他の必勝法との組み合わせをオススメします!

応用的な使い方

ウィナーズ投資法は、他の必勝法と組み合わせて使うことが可能です。
勝敗のパターンによる、おすすめの組み合わせはこんな感じ!

連勝している時 ○…パーレー法、△…グッドマン法・バーネット法
勝ち負けが交互 ○…マーチンゲール法・グランマーチンゲール法

例えば連勝時は、

  1. パーレー法など、攻めの必勝法で資金を増やす
  2. 負けが続いた時点でウィナーズ投資法に切り替える

こうすればウィナーズ投資法の弱点を補うことができます。

ウィナーズ投資法はそれだけでも十分有効な必勝法です。
なので、上手く他の必勝法と組み合わせることが出来れば、さらに強力な必勝法となりますよ!

ウィナーズ投資法の効果を実践・検証

ウィナーズ投資法を使ってプレイしてみた結果をブログで報告しています。
実際のゲームの流れの中で使ってみると、どうなるのか?本当に使える必勝法なのか?などなど…
使ってみて分かったこと・感じたことを書いているので、リアルな結果を知りたい人はブログをぜひチェックしてみてください!