イーストコーストプログレッション法

イーストコーストプログレッション法は、利益を手元に残しつつ賭けていくシステムです。
そのため、損失が大きくなるリスクが小さいのが特徴。

また、手元に残す額を変えることで、より稼ぎにいくことも、より損失を抑えてコツコツ遊ぶことも可能!
資金がどれくらいあるかによって、自分でプレイスタイルを変えられるのがいいですね。

イーストコーストプログレッション法の使い方

この必勝法は、基本的にどのゲームでも使用することが可能!
ただ、3連勝しないと利益が出ないので、勝率の高いゲーム(バカラやルーレットなど勝率50%のもの)で使うのが良さそうです。

  1. 基本の賭け金を設定する
  2. ここでは$2にしました
    設定した金額が大きいほど利益も大きくなりますが、同時にリスクも高まるので注意!

  3. 2連勝するまでは設定金額を賭け続ける
  4. この必勝法は2連勝したところから使用スタートとなります

  5. 初回は、「基本の賭け金×3」をベット
  6. 直前の賭け金($2)に前回($2)と前々回($2)の賭け金を足した額になります

  7. 二回目以降は、「直前の賭け金+直前の利益の半分」の額をベット
  8. ゲーム5回目の場合なら、直前の賭け金は$9
    これに直前の利益($9)の半分である$4を足します
    (割り切れないので、$4を賭け金・$5を貯金に回す)
    よって賭け金は、9+4=$13

  9. 負けた時点で終了。また最初から繰り返す
  10. 負けたら必勝法は終了となり、また基本の賭け金を賭け、2連勝したら必勝法を使います

イーストコーストプログレッション法

まとめ

応用的な使い方

イーストコーストプログレッション法では、より利益を上げるための方法として

  • 基本のベット額を大きくする
  • 賭け金と貯金の比率を変える

といった賭け方ができます。

ただ、基本のベット額を上げれば、その分損失額も大きくなるので、リスクは増えます

比率を変える場合、賭け金の比率を上げれば毎回のリターンも大きくなります(ただし、負けた時の損失も大きい)。
反対にプール金額(手元に残す金額)の比率を上げれば、資金は増えるものの毎回のベット額は小さくなります。

どちらが良いかは、その時の使える資金額に応じて変えましょう!

下の表は、ベット額:プール金の比率を2:1と1:2で比べたものです。

ベット額の比率を大きくした方が、利益は大きくなっていますね。

ベット2:1プール ベット1:2プール
回数 賭け金 損益 賭け金 損益
1 2 2 2 2
⋮
4 9 19 9 19
5 15=9+6 34 12=9+3 31
6 25=15+10 59 16=12+4 47
7 41=25+16 100 21=16+5 68
8 65=41+24 165 28=21+7 96

メリット・デメリットについて

【メリット】

  • リスクが低い
  • 利益を手元に残すことができる


【デメリット】

  • 3連勝以上しないと利益が出ない
  • 利益が増えにくい

この必勝法のメリットは、利益の半分は手元に残しておける点です。
しかし、最初の1・2回目は3回目の賭けへの準備のため、利益を上げるには3連勝以上が必要!

そのため、がっつり稼ぐには向いていません

イーストコーストプログレッション法は

  • ローリスク・ローリターン型
  • 長期戦向き

の必勝法と言えます。

イーストコーストプログレッション法の効果を実践・検証

イーストコーストプログレッション法を使ってプレイしてみた結果をブログで報告しています。
実際のゲームの流れの中で使ってみると、どうなるのか?本当に使える必勝法なのか?などなど…
使ってみて分かったこと・感じたことを書いているので、リアルな結果を知りたい人はブログをぜひチェックしてみてください!