グッドマン法(1235法)

パーレー法と同じく、勝ったらベットサイズを増やしていく賭け方です。
しかし、増やし方が変則的で、パーレー法のように獲得金すべてを次の賭けに回すわけではないので、負けても利益を手元に残しておくことができます

グッドマン法の使い方

この必勝法は別名1235法とも言います。
それは、賭け方$1→$2→$3→$5と勝つごとに増えていくから。

負ければ賭け金は$1に戻します。
そのため、連敗したとしても毎回の損益は$1だけですね。

具体的な賭け方と損益はこのようになります。

回数 1 2 3 4 5 6
賭け金 1 2 3 5 5 1
勝敗 ×
累計損益 1 3 6 11 6 7

※4連勝以上した場合は、負けるまで$5を賭け続けます。

途中で負けたとしても、連勝していれば貯金があるので利益を残すことが可能。
仮に連敗しても$1のマイナスなので、ゲームを続けることは可能ですね!

注意点と応用的な使い方

利益を残すことができ、ある程度なら連敗してもゲームを続けられる点がこの必勝法のメリットです。
反対にデメリットは、勝ちにくいということ。

上の表を見るとわかるように、
2連勝した時点の獲得金($3)がそのまま3回目の賭け金となります。
そのため、初めて利益が出るのは3連勝した時点ということ。

もしがっつり資金を増やそうと思ったら、少なくとも3連勝以上しなければならないのです。
これはなかなかきびしい…

そこで、応用として賭け金を増やすという手があります。
例えば2倍にして、「2,4,6,10」とすれば利益も倍の「2,6,12,22」ですね。
これが3倍賭けで「3,6,9,15」なら、利益は「3,9,18,33」。

もちろん負けた時の損失も増えるので、リスクは少し高まりますが、資金に余裕がある時は増やしてみてもいいかもしれません。

グッドマン法の効果を実践・検証

グッドマン法を使ってプレイしてみた結果をブログで報告しています。
実際のゲームの流れの中で使ってみると、どうなるのか?本当に使える必勝法なのか?などなど…
使ってみて分かったこと・感じたことを書いているので、リアルな結果を知りたい人はブログをぜひチェックしてみてください!