バーネット法(1326法)

バーネット法は、グッドマン法と同じく変則的にベット額を増やしながら賭けていくカジノ必勝法です。
利益を手元に残しつつ賭けていくので、連敗しても損失をある程度抑えることが可能!
そのため、ローリスク・ローリターン型の必勝法と言えます。

バーネット法の使い方

賭け方について

バーネット法では、連勝している時に最初の賭け金を2回目は3倍に、その後は2倍・6倍と増やしていきます
例えば最初に$1ベットした場合、賭け金は「$1→$3→$2→$6」のようになります。
そのため別名1326法とも呼ばれます。

ベット額が増えていくので、カジノ必勝法ではパーレー法系のものになりますね。

賭け方は、

  • 4連勝した場合はその時点でリセットし、また$1から賭け直す
  • 途中で負けた場合も賭け金を$1に戻す

となります。

勝敗数で損益を検証してみる

バーネット法は同じ勝敗数でも、パターンによって損益に違いが出てきます。
6回プレイして、3勝3敗だった時の損益を検証してみましょう!

【連勝がない場合】

勝敗 × × ×
賭け金 1 3 1 3 1 3
損益 1 -2 -1 -4 -3 -6

【連勝した場合①】

勝敗 × × ×
賭け金 1 1 1 3 2 1
損益 -1 -2 -1 2 0 +1

【連勝した場合②】

勝敗 × × ×
賭け金 1 3 2 1 1 3
損益 1 4 2 1 2 -1

連勝がなかった場合、損益はマイナスとなってしまいます。
連勝した場合でも、①と②のように勝ち負けの順番が逆になると、最終損益に大きな違いが出てきますね。

バーネット法のメリット・デメリット

【メリット】

  • 連勝すれば大きなリターンが見込める
  • 連勝すれば、その後連敗しても資金をマイナスにせずプレイできる
  • 連敗しても損失は$1なのでダメージが小さい

バーネット法では、2連勝すればその後3連敗しても損益は±0です。
負け越しても資金がマイナスにならないというのは、プレイをする上で安心感がありますね。

【デメリット】

  • 連勝しなければ利益を出せない
  • 連勝しても場合によってはマイナスとなってしまう

バーネット法は連勝しなければ効果を発揮しない必勝法です。
上で検証したとおり、同じ勝敗数でも最終損益には違いが出てきます。

バーネット法で利益を出すには、4連勝しなければなりません。
それは、3回目までの利益を4回目の賭けにすべて使うからです。

しかし、4連勝を何回もするというのはなかなか難しいですよね。
一方で2連勝さえしていれば、3連敗しても損益はマイナスにならないので、リスクを抑えながら連勝を狙って賭けにいくことはできます。

こうしたことから、バーネット法はローリスク・ローリターンの必勝法と言えます。
がっつり稼ぐには効率の悪い賭け方ですが、コツコツと稼ぎながら長くゲームを楽しみたい人には向いていますね。

バーネット法は長期戦向きの必勝法です。

バーネット法の効果を実践・検証

バーネット法を使ってプレイしてみた結果をブログで報告しています。
実際のゲームの流れの中で使ってみると、どうなるのか?本当に使える必勝法なのか?などなど…
使ってみて分かったこと・感じたことを書いているので、リアルな結果を知りたい人はブログをぜひチェックしてみてください!